視力低下・回復方法

視力低下・視力回復方法NAVI

低下 回復

 

視力は低下してくると、非常に不安になってくるものですよね。

 

その目の働きについて考えてみたことはあるでしょうか。

 

 

普段、目を何気なく使っていますが、その目、つまり眼球の内部ではめまぐるしく、物を見るためにそれぞれの器官が働いているのです。

 

当サイトでは、視力低下視力回復方法について、ご紹介しています。


視力低下のメカニズム

低下 回復

そこでまず目がどのように出来上がっているかをご説明いたしましょう。

 

「目」といわれている部分は外側からは個人差はありますが、少ししかありません。

 

実際に物を見るために使っている「目」こと眼球は、かなり大きなものです。

 

それは大きく分ける外膜、中膜、内膜と別れています。

 

この3つをフルに使って、物を見ているというわけです。

 

それぞれはやはりまた3つずつの組織に分かれていて、総合的に物を見るために常に動いている状態にあります。

 

直接、この3つの器官が猛烈に働き、意識せずに物を正確に見せてくれているのです。

 

外膜にある角膜はレンズの働きをしていますし、中膜にある毛様体はピントの働きをします。

 

また内膜にある網膜は目に入ってきた光を映像として映してくれます。

 

それらをうまく機能させて角膜と同様に光を屈折させて、ピントの調節をしているのが水晶体です。

 

大きく考えていけば、目全体は無意識にカメラのように働いているのです。

 

視力は自分が持っているカメラの機能と言えるでしょう。

 

この3つの器官に狂いが起こってしまうと、視力に変化が起こってしまいます。

 

つまり物が正確に見えなくなってきてしまうのです。

 

それは病気が関係する場合もありますが、ほとんどの場合は、目を大切に使わなかったことが原因です。

 

間違った目の使い方をしていると、外膜、中膜、内膜のバランスが崩れてしまい、視力が低下するのです。